LAN結線資料

LANケーブル結線図
 10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T ケーブル結線表
 ハイパフォーマンスタイプ RJ-45  結線手順
 10BASE2ケーブル結線表
 10BASE5ケーブル結線表


 LANケーブル結線図・結線方法 

<10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T ケーブル結線表>


結線図



<ハイパフォーマンスタイプ RJ-45  結線手順>


説明図



<10BASE2ケーブル結線表>


  • ケーブル取付方法(Cabling procedures)
  • 図示のようにケーブルの外部被覆を7.0mmだけ切り取る。このとき外部編組を傷つけないこと。
    ケーブルの外部編組をときほぐし、誘導体を先端から3.0mmだけ切り取る。
    ときほぐした編組の先端をつぼめ、締付金具、座金、ガスケット及びクランプの順にケーブルにそう入する。
    ケーブルの外部編組をクランプ上に折り返し、切りそろえ、ケーブル中心導体に予備はんだ付けを行い、中心コンタクトをはんだ付けする。このとき中心コンタクトは誘導体とすきまのないようにし、また誘導体を溶かさないように注意する。
    以上のように組み付けたケーブルをコネクタ本体の中に差し込み、締付金具で固定する。



    <10BASE5ケーブル結線表>


  • ケーブル取付方法(Cabling procedures)
  • ケーブルの加工寸法は左図の通りとする。
    締付金具、座金、ガスケットBの順でケーブルに通しておく。
    クランプをケーブルに通す。
    シールドをほぐし、クランプ上に折り返し、切り揃え、左図寸法にて芯線をむき出す。
    芯線に中心コンタクトを挿入し、半田付けをする。
    半田は中心コンタクト内全体に廻る様に行う事。
    (注)
    1.※部に隙間の無い事
    2.半田が盛り上り、コンタクトの外周へもれていない事。
    3.半田が少な過ぎて、芯線が見えていない事。
    4.半田付け後、コンタクトを軽く90度回転させながら引っ張り、抜けない事。
    ブッシング、絶縁体の順で半田付けされたケーブルに通す。
    半田付けされた中心コンタクトを本体に挿入し、締付金具をネジ込んで固定する。
    (注)コネクターに傷、打コンを付けない様に、注意する事。



    ◎在庫欄の○印は標準在庫品です。但し、お急ぎの場合は在庫状況を御確認下さい。
     又、♯印は取り寄せ品ですので、納期、価格等はお問い合わせ下さい。

    愛三電機株式会社  電話:03-3253-3611(代)  FAX:0120-21-3611
    [製品情報] [ HOME ]